マンスリーコラム

こんにちは。院長の新です。
今年は、新年早々から大変な年となっています。

当院でも、日々変わる国や医師会、県の情報を収集し、来院される患者様は勿論のこと、スタッフの健康も守るためにも感染症対策を1番に考えております。

例年とは、全く異なる雰囲気をあっという間に地球全体にもたらした原因。
“新型コロナウイルス”

ある日、突然に現れた、このウイルスを中心とした生活へと世界中がもの凄いスピードで変わっていきました。新年早々から感染が広がりだした中国、ヨーロッパでは、ウイルスと共生の段階へと進み、日本よりもいち早くロックダウンが解除され、徐々に段階的に日常生活が戻り、経済活動が再開されていますが、日本も、先日から1部地域を除き非常事態宣言が解除となりました。

これからの世界は、一体どうなっていくのでしょう。

日本では、緊急事態宣言が出され、約1か月と数日での解除となりましたが、ウイルスは、引き続き私たちの身近に潜んでいます。不安な気持ちを抱えたままの解除です。

思い起こせば、非常事態宣言が発令された日に、小池都知事が「ステイホーム」と、TVの画面越しにうったえられている姿を拝見し、 どことなく飼い主が愛犬に「ハウス」と呼んでいるように感じた事を思い出しました。

例年、大勢の人で賑わうお花見やゴールデンウィーク。今年は、自粛規制の中、繁華街は閑散とし、まるで映画の中のゴーストタウンと見間違う程でしたし、交通機関も減便やかつて無い乗車率の低さなど、今まで生きてきた中で見た事のない風景など、これは現実と思うような魔訶不思議な光景が、日本全国で見られました。そろそろ自粛生活に疲れを感じ始めていた方も多かったかと思いますが、そんな中の突然の非常事態宣言の解除。何とか早く元の生活に戻れたら・・・と願っていたはずながら、もう元の生活とは違います! 引き続き、気を引き締めて日時生活に戻ってください。経済活動を再開してください。但し、再度感染者数が増えたら、また非常事態宣言を出すことも考えております。と、言われても、、、、。

一体、この新型コロナウイルスはいつ終息するのか。

気を引き締めろと言われても、元のように仕事もできない方もいらっしゃいます。このまま仕事が出来ないと生活はどうなるの。学校の再開も、公立は6月1日から90%以上が再開というけれど 遅れた分はどうなるの。体の弱いおじいちゃんおばあちゃんが家族にいるけれど、感染していても症状が現れない無症状な方も多いと聞くのに、これから日常生活を再開して大丈夫なの。などなど、お悩みや不安は尽きないと思います。

だからと言って、不安の元凶である情報を得ること「新聞、テレビの不安な情報を見ない」としても、どうしても情報は入ってきてしまいます。ならば、いっそ逆の発想を持ち、不安な事に目を背けるのではなく もっともっと“コロナちゃん”(敢えてかわいらしく名づけると怖さが減りますよ)を知る事で、不安を解消できるんではないかと、私は思います。

おばけだって、ゴキブリだって、もっとその全貌や正体が理解でき、把握できているのならば、怖さも随分と減るはずのなのです。正体が分からないから、恐れや怖さは生まれるのです。要は、“人間は得体が知れないもの” これに恐怖を持ちます。 ですから、その恐れの本質や正体を知ることが重要なのです。

知れば知るほど不安は減ってきます。ウイルスと細菌の違いやコロナウイルスの感染経路、病型、感染率の推移、致死率、重症化しやすい要因、過去のパンデミックの経緯など。調べようと思えば、コロナちゃんをより深く理解する情報は得ることができます。メディアの情報を鵜呑みにしなさい。という事ではありませんので、ここは注意が必要です。TVは、もちろんしっかりと情報をリサーチしたうえで番組を制作はしていますが。番組にはスポンサーがいますし、視聴率というものに敏感でなければいけないですから、情報を提供というよりも、エンターテイメント性が高く、不安な情報に振り回される可能性も否めません。

今の時代、いえこれからの時代は、自分自身で真実を見極める独自の審美眼を持つことが必要ではないかと個人的には思っています。自分から動き、知識を養い、判断できる、自己責任力が重要な時代です。国は、国全体を守りますが、個人をどれだけ把握し守ってくれるでしょうか。 正直、難しいと思います。県も国よりは規模が小さくなるだけで同じことです。誰かがどうにかしてくれるだろう。TVさえ見ていれば安心と思っていたら、大事な人やご自身の身を守れない可能性もあるという事を頭の隅にでも置いていてほしく、今月のこのコラムを書いています。

自分で調べる事。信頼できる専門家の発信している情報源を見つける事。あらゆる分野の専門家が有難いことに書籍やネットで情報を発信しています。 私も、遅ればせながら、医療の専門家としての経験や知識を活かし集めた情報をこれからは、何かしらのツール(YOU TUBE、ZOOM、Face Bookなど)を用いて、コロナちゃん情報なども含め、有効性の高い内容を皆様に発信していこうと考えております。

最後になりますが、非常事態宣言が解除された 今すぐに出来る事をお伝えします。

“3密を避けつつの予防と免疫強化”

マスク・うがい・手洗いは、これまで通り当たり前に行いましょう。人と会う時は、極力適度な距離を取り、対面の話はマスクを着用しつつ、縦よりも横並びになりましょう。ソーシャルディスタンスは引き続き継続が必要です。

免疫強化に対しては、食事では補えないサプリの摂取をお勧めします。ビタミンC、ビタミンD(日光浴も効果あり)など、ウイルス対策に適している、免疫を正常に働かせるサポートをしてくれるサプリはたくさんあります。ご興味のある方は、サプリメントや免疫強化する漢方薬などのアドバイスや処方、販売も当院では行っておりますので、来院時にお声がけください。 お電話でのご案内も可能です。

こうしたコロナちゃん対策を含めた新くりにっくの情報については、当院のLINEで随時発信をしておりますので、よろしければフォローいただき、ご活用いただければと思います。

日本全体の感染者数は、減っているとはいえ、PCR検査の数は諸外国に比べると驚くほど少ないことも事実です。他のウイルスの特性を考えるとコロナちゃんもこのまま消滅するとは到底考えにくく、 ウイルスと共生しつつ、令和という時代がどのように進化していくのか、これからの経済がどのようになるのか、リモート化が一気に進み、どこか今まではとは異なる新しい時代の幕開けを個人的に感じています。

この大きな時代の変化を皆様と元気に見届けられるように。
日々私もくりにっくも進化し精進したいと思います。

 

新くりにっく
院長 新  浩一

 

 

このページの先頭へ
オンライン診療はじめました!詳細はこちら。